世界に一枚だけのオリジナルTシャツを作るノウハウ

カジュアルウエアで万能的存在といえるのが、Tシャツです。老若男女がさまざまな着こなしを気軽に楽しむことができるファッションアイテムとして、多種多彩な商品が日々登場しています。そうした中で、世界にひとつしかない“一点物のオリジナルTシャツ”を楽しむ人が増えているといいます。一点物といっても、ハイブランドによる高級Tシャツということではありません。製造工程の進化により、今では1枚からオリジナルTシャツを簡単に作ることができるのです。自分で着るも良いですし、大切な人へのプレゼントにするのも良いでしょう。オリジナルのデザインをプリントした世界にたったひとつのTシャツということで、特別な思いのこもった逸品となり得ます。1枚だけの注文に対応可能なショップも増えています。その作り方を確認していきましょう。

インクジェットプリントで1枚だけのTシャツが完成!

オリジナルTシャツを作ろうとすると、かつては100枚単位といった大口の注文しかショップでは受け付けてもらえませんでした。それが、今では“1枚でもOK”というショップが増加しています。インクジェットプリント方式の普及によって、製版作業なしに直接生地にインクを吹き付けてオリジナルのデザインをプリントすることができるようになったからです。まずは、Tシャツにしたいデザインを、スマートフォンやUSBによるデータで入稿します。ショップによっては手書きのデザインも受付可能です。また、直接スタッフと打ち合わせてデザインを完成させることもできます。入稿後、インクジェットプリンターにデザインのデータを送り、印刷作業はデザインにもよりますが1分ほどで終了です。そして、プレス機でプリントを定着させればオリジナルTシャツの出来上がりです。

制作費は見積で事前確認!自前で作る専用キットも!

デザインの入稿はデータであればインターネットで可能です。また、直接ショップに持ち込んでも、その場で待っているうちに出来上がりというショップもあります。注文の詳細については、あらかじめショップに確認しておいたほうが良いでしょう。また、製作費用についても事前に確かめておきましょう。1枚だけの製作ということで、ショップによっては手数料などが設定されているケースもありえます。事前に見積をとっておくのが間違いないでしょう。ところで、ショップへ注文する以外にもオリジナルTシャツの製作方法があります。そうです、自前で生地に印刷してしまう方法です。家庭用のTシャツ印刷キットという商品があり、これを使えばショップに注文するのと同様にオリジナルのプリント加工を施すことができます。それなりの労力は必要ですが、腕に自信のある方にはお勧めです。